日本人は中学から高校まで6年間も英語学習をしているにもかかわらず、うまく話せない人が多いのはなぜなのか?私自身もずっと考えていました。
学校の授業で6年も習っているのに、外国人とのコミュニケーションの際にうまく話せない事の理由の一つが、恥ずかしさなのではないかと思っています。
英語教育を受けている中では文法の基本や発音、単語の知識を増やすなどが蓄積されているはずなのに、実際に使おうとするときにうまくいかないのは、学校で習うような完璧な文法と発音での会話でなければならないという思い込みを持っているからだと思うのです。
私自身も大人になってから外国人の方と会話をしようとした時、相手の話すことはゆっくりならば何となく理解できるのに、話しかけられたことに対して会話で応対することはなかなかできずにいました。


でも、考えてみれば全世界に配信されるような著名な人の演説なら別ですが、私たちが身近で使おうとする英語は要は通じればよいコミュニケーションのツールの一つでいいはずです。
英会話は完璧な発音と文法を駆使したものである必要はないのです。
本格的に勉強してみて思うのですが、日本語もそうであるように英語も一つのことに対して様々な言い方があります
ただ、日本語のようによく言えば感性が豊かで驚くほど多くの言い回しが存在するのではなく、一つの言葉が本当に多くの意味を持つのが特徴です。
英会話を学ぼうとするとき、英語でのスピーチが流暢にこなせるようになることをいきなり目指すのではなく、日常的なコミュニケーションがある程度困らずにとれるようになることを目標に始めるのがまずポイントだと思っています。

まず取りかかりとして一つ目は、お気に入りの映画のDVDを繰り返し見てみる事もおすすめです。もちろん映画の中で使われるのはテキストに載っているような基本的でオーソドックスな言い回しばかりではないのですが、基礎を学校で学んできているので耳を英語に慣らすためにはとても効果的な方法です。あまり興味を持てそうにない退屈なテキストをひたすら練習するよりも、ずっと効率よく目と耳に働きかけて頭に入りやすいのが特徴です。そうした使い方に適したDVDを紹介したサイトなどもあるので、参考にしてみるのもいいかもしれません。わたしはファンタジー物が好きなので、いくつかのDVDを繰り返し見続けたことで、せりふが頭に入って聞き取りの練習にはとても良い方法でした。自分の興味を持てるジャンルのものを使うのも効果を高めるためのポイントといえそうです。


そして、二つ目に決まった会話のフレーズを丸ごと覚えてしまうという方法も、英会話の上達には効果的です。日本の掛け算九九は世界でもとても優れた教育方法だと言われてきました。現在はインドなどではもっと大きな数字までの掛け算を丸暗記する教育方法がとられているなど、時代と共に様々なやり方が考案されているようですが、掛け算九九を小学生の時に暗記したように、決まったフレーズはそのまま暗記してしまうというやり方は、確かに理にかなっていると言えます。ただし、映像が無い分単調になりやすく、途中で飽きてしまう事は残念ながら十分に考えられます。わたしはこの方法で飽きが来ないように、途中で達成できたご褒美を用意してみました。ここまで覚えたら映画を一回見に行く、その次まで覚えたらずっと気になっていたお店のランチを食べに行くなどです。ただし、この方法は自分の好きな時間にできるメリットがある反面、一度挫折してしまうと次に始めるためのモチベーションを保ちにくいのです。


三つ目として、もっと強制的に勉強するなら、やはり専門の教室に通うのがおすすめです。自分で時間とお金を使う分、勉強に対して真剣になるし続ける意志を持ちやすくなります。教室を選ぶ際に自分に合った所を選ぶことが大切なのですが、できる事なら実際にそこに通った人の感想などを聞いてみるといいです。パンフレットやホームページではわからないようなことも、実際に利用した人ならではの視点で意見をもらえたらベストです。
わざわざ教室に通うのはちょっと金銭的にも時間的にも難しいという人には、ちょっと旧式なイメージがありますが、ラジオの英会話講座を活用してみるのもおすすめです。要は、その番組を放送する時間には英会話を学ぶ時間にする必要が生まれる事で、生活の中に学ぶためのサイクルができるのがメリットなのです。ラジオ英会話なんてなんだか古臭くて前時代的と思うかもしれませんが、なんでもインターネットで検索すれば視覚的にすぐに情報が手に入る時代に、あえて耳だけで情報を得るラジオという媒体は、かえって勉強に集中できるとても優れた方法の一つです。もちろん時間の都合がつかないときには録音しておくなどすれば自分のライフサイクルに合わせて活用できるのですが、放送時間に合わせて自分自身で勉強の時間を作る事こそ、長く続けるためにも大切な事だと実感しています。