糖質を控える

糖質制限ダイエットとは

Beauty

糖質制限ダイエットはカロリー制限もなく、お腹いっぱい食べることが出来るため、不満が溜まりづらいダイエットと言えます。 具体的な方法は、3つのルールに基づいて生活するだけです。 そのルールとは、 ・カロリー摂取量は減らさない ・1日3食摂取する ・糖質を減らす のみです。 ただし糖質を減らすことだけ考えてお肉だけ食べるなど、栄養バランスを考えない食事内容はいけません。 糖質を抜いたとしても、健康を考えながら食事を摂ることも大切なルールとなります。 また、いきなり糖質をカットするのが我慢できない人は1日1食のみ糖質制限を行う「プチ糖質制限ダイエット」もあります。 無理をせず自分のペースに合わせて取り入れてください。

糖質を控えるとなぜ痩せるのか

そもそも、なぜ糖質を減らすと痩せるのでしょうか。 糖質(炭水化物)を摂取すると血糖値が上昇し、インスリンというホルモンが分泌されます。 このインスリンは血糖値を下げるためのものですが、困ったことに脂肪を溜め込む作用も持っているのです。 そのため、「ではインスリンが分泌されなければ太らないのでは」と考えて出来たのが糖質制限ダイエットだったのです。 また、糖質制限を行うと血糖値が下がりすぎないように肝臓でアミノ酸などから糖質が生成されるようになります。 この働きを新糖生と言います。新糖生が行われる際は多くのエネルギーが消費されるため、結果的に痩せることにつながります。 おまけにこの新糖生は寝ても起きてもいつも行われるため、常にエネルギーが消費される状態になるということなのです。